洗面台の排水管が壊れて床がびしょ濡れになった私の体験談

つい先日洗面台の床を交換してもらったばかりです。原因は洗面台の水道管からの水漏れでした。

気が付かないうちに洗面台の水道管にヒビが入っており、そこから少しずつ水が漏れていたのです。それが床にまで浸水してしまって床が腐食してしまいました。見つけた時はすでに浸食がかなりすすんでおり、交換するしか対処法がなかったのです。

わずかながらの水漏れでしたので、気が付くまでに時間がかかってしまったことがこれまで被害を大きくしてしまった大きな原因だと思っています。

実際に私のように洗面台の水漏れで床や洗面台を交換しなくてはいけなくなった方が多くいらっしゃるのです。皆さんも私のようにならないためにも、日ごろから水漏れを起こしてないかどうかを調べておくことをおすすめします。

私もこれからは洗面台の下を一か月に一度くらいの目安で点検するつもりです。そしてすぐに相談できる業者をピックアップしておき、トラブルが起こったらいつでも相談できるように準備しています。

水漏れのチェック方法は洗面台の水道管を見ることです。洗面台の下を開けるとそこに水道管が置かれており中に物が入れられるようになっていると思います。そこに置かれてある物が心当たりもないのに濡れているということは、水漏れしている可能性が考えられます。

その時は中の物を全て出してしまってそれからどこから水漏れが起こっているのかをチェックします。自分で水漏れを修理することもできますが、上手く対応できるか自信がないときは、業者に頼んだほうが安心です。